FXで月収20万の副収入に専業主婦が挑戦!

FXやお金に関する色々な事を記事にしていきたいと思います。

お金に好かれる人の特徴3つあげてみた

出来れば一生お金には困らない生活を誰もがしたいものです。

しかし世の中にはお金に好かれ、常にお金には不自由しない人と、一生懸命に働いているのにお金に嫌われいつもお金に困っている人がいます。

ではどのような人がお金に好かれるのでしょうか?お金に好かれる人の特徴をあげてみましょう。

お金を使うことを惜しまない人

お金を使うことを惜しまないというのは、衝動的に何でも買ってしまうといったことではなく、人との交際にかかるようなお金や、資金運用に使うお金を惜しまないということです。お金は動かさなければ減ることもないかわり、増えることもありません。

しかし交際に使ったお金は、その時点では出費になりますが、人との縁をつないでくれます。その縁で人脈が広がり、お金が巡るチャンスが回ってくることも少なくありません。

また資産運用も行き当たりばったりではなく事前に十分なリサーチをすることで、そのリスクも大幅に減少します。逆にハイリターンの可能性も高くなります。このようにお金を使うべきところに使える人はお金に好かれる人となります。

 

fxtorihiki992.hatenablog.jp

 

お金を物と考えず生き物と考える人

お金を物と考えてしまえば、手放すことは惜しくなってしまいます。しかしお金に好かれる人はお金を生き物として扱います。お金は生きているからその長所を生かしてあげようと一生懸命にその生かし方を模索するようになります。

するとその時代にあった一番効率的な生かし方の発想も日々浮かんできます。時代の流れや時代の流行にも敏感になり、先読みすることも欠かすことがありません。

このように生きているお金を束縛することはせず、さらなる成長をさせようと考えられる人は、お金に好かれる人となります。

お金の意味を知っている人

お金は本来貯めるためにあるものではありません。お金を使って必要なものを手に入れたり、自分の知識や技術を高めるスキルアップに使ったり、また人生を豊かにする趣味に使ったりと何かを手に入れるために存在します。そのお金の本来の意味を忘れて貯めることばかりに執着してしまっては、お金に嫌われてしまいます。

しかしお金の意味を知っていている人は満足のいく生活を手に入れ、知識豊富な人間に成長することができます。生活に余裕ができて知識や技術を手に入れた人には、さらなるお金を得るチャンスが多くめぐってきます。そのためお金の本来の意味を知っている人はお金に好かれる人といえます。

 

fxtorihiki992.hatenablog.jp

 

まとめ

このようにお金に好かれる人は、お金の本来の意味や価値をよく知っていて、常にお金を生かすことを考えお金に執着のない特徴がある人です。