FXで月収20万の副収入に専業主婦が挑戦!

FXやお金に関する色々な事を記事にしていきたいと思います。

【ripple(リップル)の2018ニュース】気になる今後の将来性

リップルは、発行枚数000億といわれ、ビットコインのように分裂することがありません。リップルの創設者は世界の仮想通貨長者首位であることで有名です。リップルの単位はXRPと表わし、その特徴として送金の速さ、処理機能があげられます。リップルがこれからどのように変化するのか調べてみました。

・通貨名:ripple
・読み:リップル
・単位:XRY/JRY
・取引所:coincheck/GMOコイン
・おすすめ度:★★★★★★★★☆☆

リップル爆上げ

世界から注目

リップルがイギリスの最大の取引所に上場したことに影響を受けてなのか、XRPが上昇しています。リップルは現在時価総額3位の仮想通貨ですが注目されている国は日本と韓国のみで、他の国からはあまり関心がありません。そのためイギリスに参入したことで今後の流れに期待ができると思います。

ビットフライヤーにも上場

リップルは国内取引所のビットフライヤーにも上場するのではないかと言われています。今後確実に上がると予想できるため、買うなら今しかないかもしれません。

金融機関と連携

リップルの今後

ビットコインは送金手段のみで処理をするのに時間がかかってしまい通貨としての機能が低いと感じてしまう人が多くいます。リップルは送金するのに短時間で終わるので今後ビットコインよりも優れていると注目される可能性が高いです。多くの大手銀行や世界中と連携しているため高騰するのに時間はかからないと思います。
価格もどんどん上がってきているため2018年の年末には500円くらいまで上がることも予想されています。1年で5倍の成長は凄いですよね。これからに期待ですね。

fxtorihiki992.hatenablog.jp

まとめ

リップルはものすごい勢いで上がってきていることが伺えました。XRPを保有していることにより低コストが実現でき、需要を上げることできます。送金システムにより対応する力も増え、世界からも注目されこれから期待ができる通貨だと思います。