FXで月収20万の副収入に専業主婦が挑戦!

FXやお金に関する色々な事を記事にしていきたいと思います。

【NEM(ネム)の今後気になる人】カタパルトやおすすめ取引所

NEM(ネム)の今後について気になる方!まずはこの記事を見て下さい。特徴や価格高騰理由を詳しく解説します。

NEM(ネム)は2015年に公開された、ブロックチェーン技術を応用したプラットフォーム型の仮想通貨です。金銭的な自由、分散化、平等の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標としています。

fxtorihiki992.hatenablog.jpkon

まずは特徴を知ろう

ネムの特徴としてコンセンサスアルゴリズムにPOSを採用していることがあげられます。POSでは資本をもってコンピューターを所有する人やコインを多く所有する人がマイニングによってさらにコインを獲得し資本の集中化が起きてしまうことをいいます。ネムのPOSはユーザーの重要度によって報酬が分配されるため集中化を防ぎます。

価格高騰はカタパルトのおかげ?

ネムの今後の期待

ネムは2017年12月に価格が1ヶ月で6倍に伸びました。10円台からのスタートだったのが120円近くまで上がってきました。ネムのカタパルトがリリースされればさらに価格は上がる可能性があると予想されます。

カタパルトとはアップデートなどを意味し、これによって処理速度の向上などに期待ができます。今後上がってくる可能性が高いため今のうちに買っておくのがいいかもしれませんね。

f:id:fxtorihiki992:20180317142113p:plain

送金処理機能が高い

ネムに近いうちカタパルトの実装が予定されています。カタパルトとは、ネムの機能をアップロードするプロジェクトのことです。これによって改善される点としては、ネムの送金処理能力を大幅に上げて、1秒あたり4000件ほどのトランザクションが可能となり、送金時における送金の速度が速くなります。

ビットコインだと処理速度が追いつかなくなって、手数料が高くなることが考えられますが、カタパルトが実装されたネムだと考えにくいため重要となってきます。

プライベートブロックチェーンとは

信頼性の理由

ブロックチェーンとは、通貨が生まれてから今まで全ての取引の記録を記載して保存していく台帳のようなものです。皆で監視し合うため取引の正当性を保てます。低コストで送金ができてデータ改ざんができないため信頼できるといえます。

mijinとは

mijinとはネムの技術を基にしたプライベートブロックチェーンを構築するためのソフトウェアのことをいいます。

2015年に信用SBIネット銀行がブロックチェーンの実証実験をしてmijinを採用すると発表し、有名になりました。mijinを利用して企業内のデータセンターや企業間にプライベートブロックチェーンを導入することによって、高度なセキュリティ環境の実現や、低コストにも期待がされています。

おすすめ取引所

ネムを購入するなら「zaif」をおすすめします。他の取引所と比べて手数料が安く、なんとマイナス0.01%で購入することができます。また可能通貨の積み立てができる取引所で、仮想通貨を自動で購入してくれるため買う手間を省けるため人気です。詳しくはこちらを見てみて下さい。

f:id:fxtorihiki992:20180317142121p:plain

まとめ

10月以降に起きたビットコインの分裂が原因で、ビットコインの資金が集中しアルトコインは全体的に不調でした。ネムも影響を受けて10円台になるほど低迷していたが、カタパルトによって価格を高騰させました。

しかし、カタパルト実装に向けてその後も高騰しているため今後可能がまだまだあると思います。具体的にまだ行われていないが、これから活躍するかもしれないプロジェクトがいくつかあるためそれに期待したいです。

【この記事を見た人におすすめ】

fxtorihiki992.hatenablog.jp

fxtorihiki992.hatenablog.jp