FXで月収20万の副収入に専業主婦が挑戦!

FXやお金に関する色々な事を記事にしていきたいと思います。

ママ友格差は本当につらいけど、経験者にしか分からないので更につらい

f:id:fxtorihiki992:20170907141933j:plain

年代も生活環境も全く違う人達が沢山いるのがママ友。たまたま同じ年齢の子供がいたことで普段の生活では絶対に関わりを避けてきたような人たちとの交流が始まります。

そこで本当に気が合えばいいですが、例え気が合わなくても子供のためには無理して合わせなきゃいけない状況も生まれます。特につらいのが、ママ友のグループ内の格差です。格差のせいで経済的に厳しくなってしまう人もいます。

実はママ友の格差に悩んでいる人は沢山いるのです。

ママ友の格差

悲しい事ですが、ママ友の格差は色々な所で日々生まれていて、他の人から勝手にランク付けされています。知らないうちに自分でもランク付けしてしまってる事もあります。

住まいの格差

ママ友カーストでは、家が持ち家か賃貸かはかなり重要です。初対面で遠慮なく聞いてくるor自慢してくる人もいるくらいです。しかもそういう人に限って「○○さんちは賃貸なのよ」とか聞いてもいないのに言ってきたり。

他にも同じマンションに住んでいたらより上の階に住んでいる方がママ友カーストでも上になったりするみたいです。

こういう話は、いつの間にか子供にも伝わってる事があるから厄介ですよね。性格悪いママ友は子供にも他のママ友にも吹き込みますから。「○○さんちは狭くて汚いアパートだから行っちゃだめ」とか。

夫の職業と収入の格差

間違いなく「旦那さん何のお仕事なさってるの?」って聞いてくる奴がいますので注意しましょう。やっぱり大企業に勤めていたり、医者や弁護士といった職業の人が一目置かれます。

嘘ついて後でバレたらまずいので、本当の事を言うしかありませんが、出来るだけ上手くはぐらかした方がいいですね。そんな事いちいち気にするなって思うかもしれませんが、一度下に見られると後々つらいです。

子供の習い事の格差

子供の習い事にも格差があります。色々習い事させているから良いという訳では無いですが、「うちの子は水泳とピアノと塾とダンスと…」って感じで子供の前で自慢してくる親はどこにでもいます。

自慢するだけならまだいいですが、なかには「まだ塾も行かせて無いの?」とバカにしてくる奴もいます。そうなった時に子供が行きたがってないのに無理やり行かせるのはどうかと思いますが、行きたいのに行かせてあげられない人からしたら本当につらいですよね。

その他の格差

・車
・住んでいる場所
・子供の成績
・子供の運動
・子供の容姿
・子供のファッション
・子供の持ち物
・夫の容姿
・夫のファッション
・夫の持ち物
・ママの容姿
・ママのファッション
・ママの持ち物
・ママの仕事
・外食先
・旅行先
・買い物先

などなど色々な面で格付されます。他にも比べられるものは全てランク付けの対象にされてしまいます。周りから比べられる事が多いですが、自分自身でも他人と比べて引け目を感じて辛くなってしまうケースもあります。

周りの目を気にしすぎて自分たちの生活が苦しくなってしまうのは本末転倒ですが、子供絡みの関係はそれほど大変という事です。実際に、子供がいじめられたり、家庭がめちゃくちゃになってしまう人がいるのも現実です。

無理をしないで格差を改善するには?

外にパートに出るのもありですが、そういう格差の中で生きていると、正直近所で働いていると「あの人あんなところで」って思われる可能性もあります。それが悪い展開になる事は、なかなかありませんが、本当にそういうママ友ばかりの地域もあるみたいです。

なので、もし余剰資金があるのなら投資を始めてみるのも一つの手です。最近話題のソーシャルレンディングや仮想通貨なんかも良いのですが、まずは私自身も一番初めに取り組んだFXはどうでしょうか?

FXなら少額からでもできるので、主婦が始める投資としては最適です。私自身数年前に始めて、今では年間で平均年収以上の利益をあげています。もし格差を少しでも埋めたいと思う人は検討してみて下さい。詳細は別記事でまとめてあります。

fxtorihiki992.hatenablog.jp

まとめ

格差を気にしない、感じない人達から見たら「そんなの気にしてバカじゃないの」「パートしている人に失礼」と思うかもしれませんが、ママ友格差でのいじめや悩みは本当に些細な事から始まってしまいます。そして本当につらいです。

ただし、やりかた次第では誰でも大逆転が十分可能です。上の方から見下している人たちを見返してやりましょう。そんな格差の壁はぶっ壊しましょう!