読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXで月収20万の副収入に専業主婦が挑戦!

FXやお金に関する色々な事を記事にしていきたいと思います。

FXで市場の流れを掴むにはローソク足が基本

ローソク足とは

f:id:fxtorihiki992:20161209142350g:plain

上の画像で赤と青のローソクみたいな形をしたものがローソク足です。

ローソクは実体(長方形の部分)、上ヒゲ(長方形から上に出ている線)、下ヒゲ(長方形から下に出ている線)で構成されています。

上の画像で言うと、赤いローソクが陽線、青いローソクが陰線で終値始値より上になった時に陽線、下になった時に陰線になります。

ヒゲは始値終値を高値が上回った時に上に伸び(上ヒゲ)、始値終値を安値が下回った時には下に伸びます(下ヒゲ)。

分足、時間足、日足によっても表示が変わって短期間、長期間の市場の流れを細かく知る事が出来ます。

またローソク足全体の長さは相場変動の大きさ、実体の長さは相場の勢いを表しています。

それぞれの形によって表すトレンドが違ってくるので、市場の流れを読み取る、チャート分析をする上で欠かせないものなので最低限の形は覚えておいたほうがいいです。

1本のローソク足

名称陽線・陰線実体ヒゲトレンド
大陽線 陽線 長い 短い 上昇傾向
大陰線 陰線 長い 短い 下落傾向
小陽線 陽線 短い 短い 上昇過程の保ち合い中
小陰線 陰線 短い 短い 下落過程の保ち合い中
上影陽線 陽線 短い 上ヒゲが長い 勢いの弱まり
上影陰線 陰線 短い 上ヒゲが長い 勢いの弱まり
下影陽線 陽線 短い 下ヒゲが長い 天井・底入れ
下影陰線 陰線短い 短い 下ヒゲが長い 天井・底入れ
十字足 始値終値が同じ 始値終値が同じ 様々 保ち合い相場転換


ローソク足の中にも色々な形があって、その中でも更に何種類にも分かれます。それぞれに特徴があるので、実際にチャートのロウソク足を見て覚えるのが、一番早いと思います。

・大陽線と大陰線は実体が長く、レートが上昇・下落がそれぞれ一方的に起きた時に現れるローソク足です。

・小陽線と小陰線は実体、ヒゲが共に短く、レートが上下が大きくなかった時に現れるローソク足です。

・上影陽線と上影陰線は上ヒゲが長く、トレンドの勢いが弱まってきているときに現れるローソク足です。上昇の連続の後に現れた時には転換の可能性があります。

・下影陽線と下影陰線は下ヒゲが長く、安値圏では底入れの可能性があり買いサインを示唆するローソク足です。上昇が続いた後の高値圏では天井を示唆している可能性があります。

・十字足は始値終値が同じ値の時にでる、実体部分が線になっているローソク足です。底値、天井で拮抗している時の相場転換の可能性があります。

2本のローソク足

名称状態シグナル
つつみ線 前の小陰線を包むような大陽線・前日の小陽線を包むような大陰線 上昇・下落
はらみ線 前の大陰線に収まるような小陽線・前日の大陽線に収まるような小陰線 トレンド転換
切り込み線 前の大陰線の真ん中より頭が出ている大陽線が続いた状態 上昇
出合い線 前の陰線の終値と同じくらいの終値の陽線・前日の陽線の終値と同じくらいの陰線 上昇
かぶせ線 前の大陽線の高値より上の始値終値は真ん中くらいの陰線 下落

f:id:fxtorihiki992:20161209193506g:plain
図が下手くそでごめんなさい(´・ω・`)

まとめ

今日はローソク足について私なりに解説しました。少しでも取引の参考になれば、嬉しいです。

ついでにちょっと私の取引手法を紹介します。

FXは勝てる時もありますし、負ける時もあります。私の中で大事なのは、勝ってる時こそ利確ポイントを明確にする事です。FXで上手くいく人って、もちろん損切ラインもしっかり決める事は徹底していますが、勝ち逃げの上手なトレーダーが多いです。

どうやって、「勝ってる時の撤退ポイント」を決めればよいのでしょうか?

今日は私がFXの経験から、これが1番カンタンで分かりやすいという撤退ポイントの決め方について簡単に説明して行きます。

私は撤退ポイントを決める時に単純にローソク足(5分足)だけを使う事が多いです。上で紹介したものを生かす取引手法ではありませんが…

毎回ではないんですが、指値注文じゃない時は、「今の価格のあるロウソク足の1本手前の安値、又は高値を割ったら撤退ポイント」って感じの取引が私には結構上手く、はまっています。

大事なのは、その日の取引する前に決めたルール、常にあるルールを守る事です、「相場が思い通りの方向に進んでも進んでなくても、決めた価格を変えない」ことです。

私は利益が出ている時はもうちょっと、もうちょっととどんどん欲が膨らんでしまい、結果、利益を削る結果になる経験を私は何度かしています。今でもたまにしてしまいますが…

超急上昇&超急下落している時(そんな場面で取引している事はほとんどありませんが)を除いては、撤退ルールを守る事が勝率を上げる方法だと私は思っています。

またテクニカル分析をする上で使うFX会社は使いやすいプレミアチャートが使えるDMMFXが良いと思います。

使いやすいチャートを使う事によってテクニカル分析の精度も変わってきます。

 

fxtorihiki992.hatenablog.jp