FXで月収20万の副収入に専業主婦が挑戦!

FXやお金に関する色々な事を記事にしていきたいと思います。

Litecoin(ライトコイン)の特徴【マイニングも解説】

Litecoin(ライトコイン)は2011年のビットコインのソースコードをもとに作られたアルトコインです。ビットコインの初期イメージから派生し、ビットコインの仕組みを始めて取り入れて修正したもので、そのブロックチェーンにプロトコルを取り入れた通貨です。

ライトコインの特徴

・通貨名:Litecoin
・読み:ライトコイン
・単位:LTC
・取引所:ビットフライヤー/GMOコイン
・おすすめ度:★★★★★★★★☆☆

ライトコインの特徴として、送金スピードがビットコインよりも速く、実用性に優れています。そのマイニングにかかかるコストも低く、アップデートがしやすい点があげられます。ライトコインは初めてライトニングネットワークに成功したコインで、ブロックチェーン以外の場所で送金ができるようになりました。また、アトミックスワッブというお互いにコインを交換することのできる仕組みも作られました。

マイニングとは

マイニングは日本語で発掘という意味で、仮想通貨で使われる場合は新規取引のデータの追加や確認をして、その報酬としてコインを取得することを意味します。ライトコインは管理者がいないため、これらの処理をする際には莫大な計算量が必要となります。そのため、世界の各地に頼み成功された参加者に報酬としてライトコインなどの仮想通貨が発行される仕組みです。

今後と将来性

ライトコインを作る時に、コインの性能がこれからもよくなり将来的にも価格が上がることを期待した仮想通貨になるようにという思いが込められました。作った人物が中国人であるため、ライトコインは中国でもとても人気があり、取引高の75%以上が中国からといわれています。ビットコインが値上がりを続ける中でライトコインも上がっていき、取り扱うお店も増えてきています。

twitterから

VISAと連携

仮想通貨の決算について、ビットコインが普及しているが、ライトコインでの決済も今後一般的になる可能性があります。また、VISAに対応したデビットカードによって、法定通貨とライトコインが簡単に交換できるようになります。仮想通貨は不安定な価格、投機的な投資、取引所におけるインフラによってアクセスしにくいものとなっていました。そこで、ライトコインをチャージしてプリペイドやデビットカードと同じように使える機能が提案されました。

まとめ

ライトコインは、ビットコインと共に長い間市場の中心にいるため、ビットコイン同様のアクセス容易性をもっています。資金調達ツールでも上位3位になり、多くの顧客から注目されています。2019年がライトコインのマイニング半減期と言われていて、半減すると価格は高騰します。そのため今後価格が上がる可能性が高い通貨だと思います。

【この記事を見た人におすすめ】

fxtorihiki992.hatenablog.jp

fxtorihiki992.hatenablog.jp