FXで月収20万の副収入に専業主婦が挑戦!

FXやお金に関する色々な事を記事にしていきたいと思います。

ビットコインとアルトコインの違いについて【アルトコイン特徴】

ビットコインは最近有名になってきたので聞いたことがある人は多いと思います。それとはまた別で、アルトコインというものがあるのはご存知ですか?ビットコイン以外のものをアルトコインといい、仕組みはほとんど変わりません。アルトコインの種類は世界で1000以上あるといわれ、これらは日々増えています。どのような点が違っているのかなど、ビットコインとアルトコインの特徴をまとめてみました。

ビットコインとは

ビットコインとは、2009年に運用を開始し、一言で表すと仮想通貨のことでインターネット上で使える新しいお金です。字の通り仮想の通貨であるため、実際には存在しない通貨になります。円やドルのように単位があり、ビットコインはBTCと表わし、1ビットコインと数えます。ビットコインはインターネットに続いて、世の中を変える革命と言われました。

何に使うの?

仮想通貨は、オンラインゲームなので使うのが一般的です。ゲーム内で使われている通貨でアイテムを買ったり課金をする仕組みです。ビットコインも同じようにコインを使って物を購入したり、投資をして増やしたりすることもできます。ビットコインは世界共通なのでわざわざお金を変える必要がないためスマートフォンのみで買い物ができるところが魅力の一つです。

fxtorihiki992.hatenablog.j

ビットコインの特徴

ビットコインの特徴は、管理者が存在しないことです。国や政府や銀行などどの機関にも関与していません。ナカモトサトシという正体不明の人物の論文がきっかけでビットコインは生まれ、始めから決められたシステムに従って動き続けています。管理者がいない、特定のサーバーも必要としないことがネットワークの構築を可能にしています。

 

fxtorihiki992.hatenablog.jp

アルトコインとは

アルトコインとはビットコイン以外の通貨のことをいい、その他の通貨という意味になります。アルトコインは1000種類以上あると予想されているが、世界で扱われるため知られていないものがほとんどです。ビットコインと比べると取引所の豊富さなど認知度がまだ低いため、ビットコインの方が取引量は多いことがわかります。

 

fxtorihiki992.hatenablog.jp

アルトコインの特徴

アルトコインはビットコインに比べると一般的に価格が安いです。そのため買いたい人が多くいると思われがちですが、まだあまり知られていないため流動性が小さく、自由に売買ができません。投資する人が少ないとコインを扱う取引所も少ないため、手数料が高かったりとコストがかかります。

アルトコインのリスク

アルトコインは価格の変動が激しい為、あまり多くのお金を費やさないことをおすすめします。取引所が少ないため何かトラブルがあり、閉鎖された時大変なことになってしまうため、複数の取引所を選ぶことが安全といえます。知名度や安心感、信頼がある取引所を選ぶことが大切ですね

fxtorihiki992.hatenablog.jp

まとめ

ビットコインは知名度や取引所も豊富であるが、アルトコインはまだ知名度も低いため、安心できない部分が多いかもしれません。その分トラブルや大きな損失をしてしまう可能性もあるため慎重に行う必要があります。何事も必ずリスクがあるかもしれないということを忘れず利用してほしいです。