FXで月収20万の副収入に専業主婦が挑戦!

FXやお金に関する色々な事を記事にしていきたいと思います。

【初心者に分かりやすく解説】ビットコインの使い方4選

世間で今注目されているビットコイン。なんとなく「ビットコイン」という言葉だけ聞いたことある人は多いと思いますが、活用法までは知らない人もいると思います。

ビットコインは大きく分けて4通りの使い方があります。今までビットコインがよくわからないと思っていた方でも理解をしてしまえば誰でも簡単に扱うことができます。ビットコイン初心者の方にも分かりやすく、ビットコインの使い方を調べてまとめてみました。

(1)物に対しての支払い

サイトから実店舗まで

ビットコインでの支払いが可能な場所は主に4つあります。

ECサイトでビットコインを使用して商品券やギフト券を購入できます。サイトからだけではなく実店舗からも購入できます。国内では大手の大型量飯店、各地の飲食店や小さなサロンなども利用を開始しています。

支払い方は簡単でお店に用意されたQRコードを読み取ると支払いができます。現金と比べるとスピーディーなお買い物でとても楽です。他にも電気料金やチャージして使えるデビットカードも利用可能です。

fxtorihiki992.hatenablog.jp

(2)ビットコインで投資をする

安く買って高く売る

現在は、ビットコイン利用のほとんどが投機目的で使用している人がほとんどだと思います。

ビットコインの価格は常に変動しているため予想をするのがとても難しいです。そんな状況でも価格の流れを予想して、購入した価格よりも高い価格で売れば、その分自分に利益がでます。

ビットコインは1000円ほどの少額から購入できるので、投資について知識が少ない人でも手軽に始めることができます。

fxtorihiki992.hatenablog.jp

(3)送金システム

送金とは

送金とは、あるウォレット(お財布)から別のウォレットにビットコインを送ることや、誰かにコインを送ることをいいます。

ウォレットに送るというのは実際には、送金データは保存されているので、ウォレットにあるのはそのデータのみです。ビットコインは実際にお金を送金するわけではなく、別のウォレットにデータを送り、そのデータを有効にすることで送金できます。

ビットコインには仲介者がいないため自己管理で行っています。そのため送金するための手数料が安いという特徴があります。

fxtorihiki992.hatenablog.jp

(4)資産として保存しておく

保有にはリスクが

ビットコインは資産として保有しておくこともできます。しかし、資産として残しておくには様々なリスクを考えておくのがベストです。

ビットコインは円やドルに比べると価格の変動が激しいため安定しません。まだ普及したばかりで環境が整っていない部分があると思います。しかし、今後通貨として浸透していけば預金の保証など環境整備も整えられると考えられているため、通貨の安定が予想されます。

fxtorihiki992.hatenablog.jp

おすすめ取引所

ビットコインを購入するなら「zaif」をおすすめします。他の取引所と比べて手数料が安く、なんとマイナス0.01%で購入できます。また長期通貨の積み立てができる取引所で、仮想通貨を自動で購入してくれるためリスクも少なく人気です。

f:id:fxtorihiki992:20180317142121p:plain

まとめ

ビットコインには、①支払いとして、②投資目的、③送金、④資産としての使い方、使い道があります。商品購入で利用するのが当たり前になるのはまだ先のような気がしますね。

投資目的での取引は市場の値動きを見極めて取引しなければならないので、FXをやっていた方はすぐに始められますよね。FXと違って、値動きが激しいのでレバレッジはなるべくかけないほうが安全でしょう。

取引所や販売所でビットコインを購入したら、自分のウォレットの送金して管理することが推奨されています。コインチェック社で起きたように仮想通貨が流出してしまったら、もう戻ってこないかも知れませんし、戻ってくるとしてもいつ戻ってくるか、金額がどのように計算されるかは、その時々で異なると思うので、損害ができる可能性もあります。 

fxtorihiki992.hatenablog.jp

世界共通で利用できる点などから、 ビットコインは資産保存としての活用が当たり前になるという意見もありました。現在は投資・投機目的でビットコインを保有するのが一般的な利用法だと思います。

ビットコインがどのようなものなのか、とりあえず買ってみようという目的のない購入はあまりおすすめしません。4つの活用方法以外にもあるかも知れませんが、すべてにおいて共通していることは、ちゃんと知識をつけて使わないと損する可能性があるということです。