FXで月収20万の副収入に専業主婦が挑戦!

FXやお金に関する色々な事を記事にしていきたいと思います。

トルコリラ円で資産運用!2017年になってFX会社が次々取り扱いを開始しているって事は…

f:id:fxtorihiki992:20171017145748j:plain

FXは、「金利差益」と「為替差益」の2つ利益の出し方があることはご存知だと思います。FXを始めたばかりのころは、デイトレード(日付をまたがないでポジションを決済すること)を基本に取引している方が多いと思います。なので、為替差益を狙ったFXが一般的な利益の出し方といえます。

でもFXには通貨と通貨の金利差を狙って利益を出す方法もあり、今日は、金利差益の利益の出し方を紹介したいと思います。

金利差のことをスワップポイントと言う

一応、スワップポイントについて簡単に説明します。説明要らない方は、下記へどうぞ!

スワップポイントは、金利差のことを言い、通貨を交換している(ポジションを持っている)間、毎日付与されます。スワップポイントはポジションを持ったタイミングでもらえるわけではなく、日付をまたいだらもらえるので、基本的には1度ポジションを持ったら、数ヶ月決済しないで毎日付くスワップポイントを貯めていくイメージになります。

金利差益狙いの取引に向いている通貨ペアの選び方

通貨と通貨の金利差を利益にするので、なるべく円と金利差の大きな通貨ペアを選びます。金利の高い国は、取引する人が少ないので、価格の変動が激しくなるのが特徴です。

高金利通貨一覧

  1. トルコリラ/円
  2. 南アランド/円
  3. 中国人民元/円
  4. 豪ドル/円
  5. NZドル/円

スワップポイントで利益出す時に取引する通貨ペアは、上記の5つが一般的です。この中でおすすめの通貨ペアは「トルコリラ」。今年(2017年)、トルコリラのスワップポイントを高くしたり、スプレッドを狭くするFX業者がいたり、FX業界はちょっとしたトルコリラブームになっています。

トルコリラは、高金利通貨の中でも初心者が取引しやすい通貨です。また、スワップポイントは、買いポジションを持つと受け取れますが、売りポジションを持つと支払うことになります。

なぜ今FX会社は、トルコリラ円の長期取引に力を入れるのか

10年程前までは、1トルコリラ = 約100円だったのですが、2017年9月現在では、1トルコリラ = 約31円です

レートが下がるたびに50円が底値、40円が底値、30円が底値と言われ続けていました。結果的に2017年には30円を割り込み20円台に突入しました。そこからじわじわ上昇気味で、現在の31円台です。

「今回こそが本当の底値だったんじゃないか」という見方も強く、今がまさにトルコリラ円の買い時と踏んでいます。

トルコリラ円の取引できるFX会社とFX会社の選び方

まず、トルコリラ円を取引するFX会社を選ぶ際に比較すべきところは「スワップポイントが高い」「スプレッドが狭い」の2点です。

トルコリラ円のスワップポイント・スプレッド比較

※ スワイプで左右に動きます。

FX会社 スワップポイント スプレッド
ヒロセ通商 107円 1.9銭
GMOクリック証券(FXネオ) 106円 2.9銭
FXプライムbyGMO 105円 4.8銭(11/4まで)
デューカスコピー・ジャパン 99円 変動性
マネーパートナーズ 96円 1.9銭
外為どっとコム 96円 2.9銭
セントラル短資FX 95円 2.5~6.0銭
SBIFXトレード 92円 4.8銭
トライオートFX 90円 5.5銭
FXトレード・フィナンシャル 89円 15~50銭
楽天FX 85円 6.8銭

※ 2017年9月26日~28日時点のスワップポイントで比較しています。

スワップポイントは日によって変動しますが「スワップポイントが高い」「スプレッドが狭い」の2点で考えた時に選ぶべきFX会社はヒロセ通商 になってくるかと思います。

トルコリラ円のスワップポイントシミュレーション

スワップポイント狙いの長期取引の場合は、ロスカットにならないくらい余裕を持った資金で運用することが重要です。レバレッジは1倍~3倍位にしましょう。

今回はヒロセ通商 のスワップポイント(107円)でトルコリラ円のレートが31円の時、レバレッジ2倍~3倍で運用した時のシミュレーションをしていきます。

運用資金30万円(レバレッジ2倍~3倍)

■トルコリラ円20,000通貨の取引(レバレッジ2.07倍)
・1年間で受け取れるスワップポイント78,110円
・年利26.04%
・約16.67円下落でロスカット発動

運用資金50万円(レバレッジ2倍~3倍)

■トルコリラ円40,000通貨の取引(レバレッジ2.48倍)
・1年間で受け取れるスワップポイント156,220円
・年利31.24%
・約12.5円下落でロスカット発動

運用資金100万円(レバレッジ2倍~3倍)

■トルコリラ円70,000通貨の取引(レバレッジ2.17倍)
・1年間で受け取れるスワップポイント273,385円
・年利27.34%
・約14.29円下落でロスカット発動

■トルコリラ円80,000通貨の取引(レバレッジ2.48倍)
・1年間で受け取れるスワップポイント312,440円
・年利31.24%
・約12.5円下落でロスカット発動

■トルコリラ円90,000通貨の取引(レバレッジ2.79%)
・1年間で受け取れるスワップポイント351,495円
・年利35.15%
・約11.11円下落でロスカット発動

レバレッジを低く運用すれば、相場の下落時に耐えられる!

もっと資金を増やせば増やすほど受け取れるスワップポイントは増えますが、その代わりリスクも増えます。ただし、ロスカット発動レートを見てもらえば分かりますが、レバレッジ2倍~3倍で運用していれば10円以上の下落にも耐えることができます。レバレッジを高めに運用すると、せっかく貯めたスワップポイントが価格変動で吹っ飛ぶリスクがあるので、気をつけてください!

まとめ

  • 長期取引は「トルコリラ円」を選ぶ
  • その理由は、2017年トルコリラ円のレートが底値という見方が強く、相場の下落リスクが少ないため
  • トルコリラ円の取引口座の選び方は、低スプレッド&高スワップ
  • 条件満たすFX会社は、ヒロセ通商