FXで月収20万の副収入に専業主婦が挑戦!

FXやお金に関する色々な事を記事にしていきたいと思います。

子育て中だけど上手にお金を貯める方法3つ+一番大事なα

f:id:fxtorihiki992:20170906152921j:plain

子育て中は何かと出費もかさみ、なかなかお金を貯める余裕が生まれないのが現状ではないでしょうか。私自身、子育て真っ最中ですが、なかなか思うようにお金を貯めることができていませんでした。実際に「こんな大変だと思っていなかった」って思う人も多いです。

でも、それはしっかり計画ができていないからって可能性が大いにあります。ある程度工夫すれば、上手にお金を貯めることも可能です。改善できるのです。

ここでは、子育て中でお金が貯まらず困っている方向けに、上手にお金を貯める方法をいくつかご紹介します。

財形制度を活用する

子育て中に限ったことではありませんが、予定外の出費などが多い子育て中にこそ、活用する価値が高いと思われるのが、財形制度です。

財形制度は正式には「勤労者財産形成促進制度」で、勤労者財産形成促進法という法律に基づいて、皆さんが働かれる会社が、雇用する社員の財産の形成を支援するという制度です。あらかじめ積み立てる金額を決めておいて、給与などから天引きされるため、意識せずに貯蓄ができるというのがメリットです。

また、運用などによって、通常の定期預金よりも利率が高いこともありますので、利用する価値は高いでしょう。検討してみて下さい。始める際には、無理のない金額に設定することも大事です。

保険の見直し・活用

家計の見直しでも重要なポイントにもなりますが、現在加入している保険を見直すことは、新たな貯蓄に回せるお金を生み出す方法の一つとも言えるでしょう。家族構成が変わったり、年齢とともに保険を見直したりすることは大切です。1度加入して満足していては駄目です。

また、子どもが生まれたら、将来の進学などのためにも、学資保険を検討することは大切です。中学校、高校、大学などへの進学、卒業といったタイミングで、予想以上の出費があるものですので、学資保険に加入することで、確実に貯蓄することができます。

返戻率も高いという特徴がある学資保険は、お金を効率よく貯める方法でもあります。ただし、保険の支払額は毎月無理の無いような金額に設定することも重要です。

fxtorihiki992.hatenablog.jp

計画を立てて家族で話し合う

お金を貯めるためには、家計の見直しが伴うものです。将来のことを踏まえて、計画を立て、家族で話し合うことは重要です。話し合わずに家計をなあなあで管理してしまうのは危険です。今はいいかもしれませんが後々後悔します。

夫婦で協力し合うことはもちろん、子どもに対しても、その年齢の理解力に合わせて、家庭でのお金の使い方、貯め方を話しておくことも大切なことでしょう。

お金を運用する

今の時代は貯蓄していてもお金は増えませんので、ある程度の資産運用が必要になってきます。資産運用にも色々な種類があり、それぞれでリスクやリターンの大きさが違ってきます。

私の場合はFXを始めた事で家計がだいぶ楽になりました。それぞれの家庭によって向いている運用方法が違いますので、家族で十分話し合って検討していくことが非常に重要となってきます。もし私と同じようにFXをやってみようと思った方は、下記の記事を合わせて読んでみて下さい。

fxtorihiki992.hatenablog.jp

まとめ

いかがでしたか?子育て中でも低収入でも、工夫次第でお金を貯めていくことは十分可能だと思います。貯めれない人はお金の運用や貯蓄の計画がしっかり立てられていないのでは?

しかし、行事や習いごと、試合の遠征など、突然の出費もあるのが子育て。子供に必要な支出には、お金を惜しむわけにはいきません。無理のない家計の計画を立てながら、貯蓄ができるのが理想的ですね。