FXで月収20万の副収入に専業主婦が挑戦!

FXやお金に関する色々な事を記事にしていきたいと思います。

FXは誰が何と言おうと余剰資金でやるべき理由

これからFXを始める人は余剰資金で始めるべきです。余剰資金というと「そもそも余ってるお金なんて無いよ」と言う人がいるかもしれませんが、そういう人はまずお金を貯めることから始めて下さい。

FXに限らず全ての投資に共通して言えることですが、無くなっても生活に困ることの無いお金を使って投資するべきです。生活に必要なお金とは別に数万円でもいいから用意して、それからFXを始めることをおすすめします。

FXは余剰資金でやるべき理由

そもそも生活費に手を出してまでやろうと考えるような人は性格的にFXに向いていないです。何故かと言うと、そういう人に限って物凄く感情的になってしまうことが多いからです。というか始める時点で既に感情的ですよね。

FXにおいて感情は最大の敵です。「損を取り戻さないとヤバい」「絶対勝たないと」と思う気持ちが先行してしまうと、冷静な取引はできません。

冷静な人が必ず勝てる訳ではありませんが、冷静に取引していれば、生活費にまで手を出そうなんて絶対に思わないはずです。

今月FXで使える資金が10万円までだったとします。もちろん、その10万円は無くなっても大丈夫なお金として、損失が10万円以上にならないようにそれ以外のお金は入金しません。そのお金が無くなったらキッパリ諦めて、次に余剰資金が用意できるまでは取引しない。

といった感じのルールを決めてやれば「FXは怖い」なんてことは感じないはずです。もちろんルールをしっかり守れればですけど。

FXは感情が重要です。「デモトレードでは勝てたのに」って言っている人が多いのは、まさにそういう事ですよね。デモトレードの取引で冷や汗かきながら必死に取引している人はいないですからね。

無くなってもいいお金で取引している時って冷静に取引できます。だからこそFXは余剰資金でやるべきなのだと思います。むしろ感情的になってやってる人が多い中で、自分のルールを徹底して冷静に取引できるのってゼロサムゲームと呼ばれているFXではかなりのプラスですよね。

FXはギャンブルか投資か

記事のタイトルとは関係ないのですがすいません。FXはギャンブルだからやめたほうがいいとか頻繁に耳にしますが、それは個人の取引の仕方によって大幅に変わってくると思います。FXはギャンブルと同じような取引もできますしね。

正直誰にギャンブルって言われようが、投資って言われようが、FXはFXなので何も変わることはないです。FXはギャンブルだアピールする人って何なんだろうな?って思います。

ギャンブルだと思って取引していても投資だと思って取引していても、取引結果には影響しないと思います。例えギャンブルだと思っていても、しっかり勉強や分析をして自分のルールに徹底している人だったら、いい取引が出来ると思います。パチンコでいったらパチプロみたいな人ですね。

だから本当に重要なのはギャンブルか?投資か?では無くて、その人の気持ちですよね。ギャンブラーだろうが、学生だろうが、主婦だろうが、最終的にはしっかり勉強・分析した上で、マイルールに徹底して取引できる人が強いのだと思います。

まとめ

例え多くの資金を使ったとしても、ハイレバレッジで取引をしたとても、ギャンブル感覚だとしても、それが計算された上で「無くなってもいいお金の範囲内」だったら何も怖い事はありませんし、否定もできませんよね。

もし、それが上手くいってお金が増えたとしたら、それはいい投資だったと言えるのではないでしょうか。そういった点を踏まえて、FXを始める時に注意しなければいけない事を挙げるとすれば「生活に必要なお金」では絶対に取引しない方がいいという事です。

これからFXを始めようと考えてる人は余剰資金で取引する事を意識して下記の記事からFX会社を選んでみて下さい。

fxtorihiki992.hatenablog.jp