FXで月収20万の副収入に専業主婦が挑戦!

FXやお金に関する色々な事を記事にしていきたいと思います。

トランプ相場いい加減にして!

日本時間の11月9日に大統領選でトランプ氏が優勢の報道を受けてドル円は101円台まで落ち込みました。その後もトランプ優勢は変わらなかったがドル円は次第に上昇して終値は105.65円と始値の105.12円を上回る形になりました。

そこからじわじわと円安が進み、11月17日には約5か月半ぶりにの110円台に。さらに11月21日には一時は半年ぶりの111円台に。

もう今頃にはドル円が下落していくと思っていたんですが、なかなか下がってきません。もうこれ以上ドル高は続かないと思ってはいるんですが、落ち始めるタイミングがどこになるのか分かりません。

トランプ氏が正式に大統領に就任したら初日にTPP離脱通告するみたいなのですが、その時もどうなるのか注目ですね。そのころには既にドル円が下落している予想なんですけどね。報道に踊らされないようにしっかり取引していきたいと思います。

そもそもTPPも本当に離脱するのか怪しいところではありますけどね。アメリカがTPP離脱してしまったら日本にとってのTPPも意味のないものになってしまいますよね。

その前にも11月29日には米・四半期GDP、12月2日には米・非農業部門雇用者数米・失業率、12月14日にはFOMC制作金利発表など注目の経済指標発表もあるのでしっかりチェックしておきます。

まあとにかく110.659円からのショートポジションを持ち続けているので、一刻も早くドル円が下がって欲しいです。

お願いトランプ次期大統領!!