読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXで月収20万の副収入に専業主婦が挑戦!

FXやお金に関する色々な事を記事にしていきたいと思います。

FX取引!リスクを回避したいならOCO注文を入れておけ

FXで取引をする時には色々な注文方法があります。特にメジャーな注文方法として成行注文、指値注文、逆指値注文があります。

成行注文とは買いたい、売りたいと思った時に注文を出してFX業者に届いた時点でのレートになります。FX業者の約定スピードによっては注文したかった金額とずれてしまう場合があります。これがよく言う「すべる」というものですね。またスリッページの幅を狭く設定していると約定されない場合もあります。

なので金額を指定して注文したい場合には、指値注文、逆指値注文を使いましょう。むしろ急に、買いたい、売りたいといった状況じゃない限りは、基本的には注文する金額を指定する指値注文と逆指値注文をする事でリスクを回避できます。

指値注文と逆指値注文を同時に行うOCO注文

指値注文は、その時のレートより下がったら買い注文、上がったら売り注文。 逆指値注文は、その時のレートより上がったら買い注文、下がったら売り注文。 この2つを合わせたのがOCO注文です。

例えば

1ドル100円の時にドルを買う

102円になったら売って99円になったら損切りしたい

OCO注文を設定しておけば勝手に決済される。

f:id:fxtorihiki992:20161116185923g:plain


逆でも同じです。

1ドル100円の時にドルを売る。

99円になったら利確して、101円になったら損切りしたい

OCO注文を設定しておけば勝手に決済されるのでロスやチャンスロスが少ない

OCO注文はこんな時に役立つ

・注文したまま忘れてしまった時

スマホの充電が無い、電波が悪い時

・寝ている間

・急な相場変動

つまり利確にも損切り、両方同時に注文できるので、急なトラブルやうっかりミス防止になる役立つ機能という事です。

しっかり理解して使いこなしていきましょう。FXの注文機能は使いこなせば役に立つ機能が沢山ありますので、把握して状況に応じて使い分けましょう。

まとめ

分からないからという理由で、せっかくある注文機能を使わずに成行注文のみで取引している人が多いらしいです。もちろん常にパソコンの前に座って24時間画面と向き合ってる人は、それでもいいのかもしれないけど、そうじゃない人はしっかり注文機能を使いこなすことでリスク回避やチャンスロスの回避に繋がるので、理解して勝率アップを目指していきましょう。

その為には、自分に合った注文機能があるFX会社で口座開設をすることも重要なのです。注文機能をまとめた記事がありますので確認してみて下さい。↓

 

fxtorihiki992.hatenablog.jp